検索
  • takusd89

Growについて

今度発売になるフレキシに収録されているgrowについてです。

数年前東京に大型の台風が来て、ポツンと平日がお休みになった日があり、その日にできた曲です。

desksnailは、曲作りの重要な部分を歌詞が占めているのですが、この曲も是非歌詞を聴いてほしいと思う曲のひとつです。

ちょっと長くなりますが、訳とあわせて引用してみたいと思います。


The rain picks up

The building in a blur

The sound is somehow soothing

In my humid room

I remember the friends

We talked about life

The key to happiness

And how to grow less young

Some say they have found

They are satisfied

Some say they are trying to figure out

Some say they are scared

The unknown day to come

Is more unknown than the decades we have lived

I don’t think there is

A Meaning for a life

I think I just want

Reasons for why I am myself tomorrow

雨が強くなる

もやの中の建物

音は不思議と心地よく

私の湿気の部屋で

友達を覚えてる

生きることについて語り合った

幸せの鍵

若くなくなっていくこと

満ち足りていることが

わかったという人もいた

探しているという人も

怖がっている人も

来たるべき未知の日は

生きてきた何十年よりも謎に満ちてる


人生に意味というのはないと思う

明日どうして自分が自分でいるのか

理由が知りたいだけだと思う



特に拘ったメタファーを含んでいるわけでもなく、タイトルの通りの内容です。


歳をとっていくと、感じたことのない感情や新しい感情が生まれて、数年の間でも自分の変化に驚くことがあります。

言葉だけ知っていたけど理解できていなかったもの、愛とか、意思の力とか、も、いつの間にか、感じたことのある経験として心に備わっていたりすることがありませんか。


デンマークに住んでいたとき、友達と人生や幸せについて話し合う場面がよくありました。

意思と強力な自己像を持って画家として大活躍の友人は、30歳くらいになったときに、「今の自分は満ち足りている。そろそろ子供を持つこともできる状態になったと思う」といっていて、今年になったら本当に生まれたての女の子の写真を送ってくれた。

一緒にHolmeparkvejに住んでいたおじいちゃんは、朝からビールを飲んだり、土曜日は魚を料理したり、公園に散歩に連れて行ってくれたり、自分の力が及ぶ範囲を本当によく知っていて、とてもリラックスして生きていた。

デンマークから帰ってきて数年後、この曲を作った当時の僕は新宿の近くで一人暮らしをしていて、音楽活動も特に積極的にはやらず、仕事も特に感慨なく落ち着いていて、このまま言葉にしていない気持ちやどこかに広がっている可能性をなんとなーく無視しながら、だらだらと東京で働いていくのかなという諦めの中に生きていた気がする。

そのときを振り返ると、まだ出会うべき人にも出会っていなくて、地に足がつかないくせに、降り立つ地面を選ぶために空中を漂っているような感じだった。

そのころから見たら、今は全然違うことを考えていると思う。人生で出会うべき大切な人には出会えたし、デンマークにいた時期も幸せだったけど、今の自分の方が好きかな~。

物質的には、人間の体は1年もすれば完全に違う構成要素に入れ替わるようなので、デンマークにいたときと、Growを作曲したときと、今この記事を書いている自分は全く違う生き物なわけです。こうして身体が変わっていくことには気付きもしないのに、経験が思い出になっていくような自分という存在の変化には、曲を作って歌うくらいの感情が付随しているんですね。

誇らしかったり懐かしかったり、ワクワクしたり少し寂しかったりするような、時間とともに変化していくことに対して感じること、言葉では掬えない心の動きを、歌にできてよかったなあと僕は思っているのです。



48回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示